HOME > ブログ 大人のステキ結婚式 > デコレーターの日常 > 18年ぶりの再会

ブログ 大人のステキ結婚式

< 好きだったのに・・・・・  |  一覧へ戻る  |  JKに入ればJKに従え? >

18年ぶりの再会

181117blog.jpg
おはようございます!
ウェディングデコレーターの新矢です。
今は朝の5時過ぎ、暗いし、やはり冬本番も目前、寒い朝です・・・bearing

そんな寒い朝は先日の再会、今でも心があたたかくなるお話を
書いてみようなぁーと思います。

おふたりと出会ったのは1998年の秋、大阪でした。
結婚を決めたふたり、私が勤めている場所にご相談にいらっしゃいました。
その時は会場探しで何をしたらいいか分からないから、
そんな感じだったと思います。
そして、翌年1999年の夏前に再度お目にかかることになりました。

その時には勤めている場所がクローズが決まり、
もうほとんど接客は出来ない状況ではありました。
司会者からウェディングプランナーに転向して数年、
少し仕事も分かりだして、本当にこの仕事が楽しくて仕方ない頃でした。
そんな状態であったので・・・
「こんぽおふたりなら、あの会場がピッタリ!」とイメージしている会場でした。

けど。
その会場はある大企業が運営している会場で、その時にはクローズになり、
その大企業関連の社内パーティのみで使用されていました。
私はOLをしていた時に、実はその企業の担当をしており、
退職して数年、その時の担当者に相談の電話からスタートしました。

大企業であればあるほど、一度決まったことを覆すのは容易ではありません。
何人かの方に段階を踏んで、お目にかかり、相談をしていき、
2か月後には会場使用のOKが出ました!

おふたりも大喜び!
ここで結婚式が出来たら、あんなこと、こんなこと・・・
って妄想を(笑)していたので、私もワクワクでいっぱいでした。

翌年にふたりは「スポーツウェディング」というテーマで結婚式をあげました。
私がこの仕事を楽しい!と思い、やっていきたいと方向づけた結婚式で
あることは間違いありません。
今でも色んなことを鮮明に思い出します!
ウルフルズの「バンザイ」を聴くと今でもその日を思い出します。
本当におふたりらしい、にぎやかなステキな結婚式でした。

その頃の私のプライベートは東京へ行くことを迷っていました。

おふたりの結婚式が終わってしばらくしたころ、
事務所におふたりから相談が入ったとの連絡・・・。
「結婚式がよかったから、ふたりともウェディングプランナーになりたい!」
嬉しいお話でした。
その時は既に東京に転居していて、同業の方におふたりを任せるしかない状態でした。
人生にたられば、はありませんが。
その時に私に東京行きの話がなければ、また、その後が変わっていたかもしれません。

慣れない東京に来て、時折、おふたりのお話を確認していました。
なんだか大変なことになっているのでは?と想像をしてもいましたが。。。
ごめんなさい。
毎日に必死でいつの間にか、そのことから離れていっていました。

そして、それから17年!
世の中にfacebookなる便利なものが出来ました。
その中で見覚えのある名前を見つけました!

実は新郎はある場所でプロデュース会社を立ち上げていました!
そのコンセプトの中には
「その日僕は新郎でした」から始まり、
自分の結婚式が楽しくて素晴らしかったから、自分はプランナーになり、
会社を作った、という内容でした。

・・・いやー・・・
その文章を見た時に、特にここ数年は考えさせられることも多く、
また、やっぱり大変な仕事でもありますので・・・
けど。
この新郎のHPのコメントを見て
「自分の進んできた道は正しかったんだ!」
と確信を得ることが出来ました!
本当に嬉しかったです。
私の理想とする結婚式のスタイルでした。

人生の節目である結婚式はその後の人生のパワー、力となるし、
温かい気持ちになり、周りの人たちに「ありがとう」の気持ちを持てる、
それが結婚式の素晴らしさ。
その瞬間がステキなことは当たり前。
私は結婚式の思い出がおふたりの心に、家族の心にずっと低温でもいいから残り続ける、
そんな結婚式のスタイルを提供していきたいと思っていました。

だからこそLuceのコンセプトは
「シアワセノツヅキ ソノアトモズット」なんです。

そして、先日、その新郎と再会しました!
おふたりの記憶は結婚式で止まっていたので、
自分よりだーいぶ年下だと思い込んでいましたが・・・
なんと、自分と大きくは変わらない世代だと知りました(笑)
そしてあの頃と全く変わっていないまっすぐな新郎がそこにいました。

結婚式のお話を絶え間なくしました(笑)
あの頃の新郎とそんな話をするなんて夢にも思いませんでした。
私がお手伝いをした結婚式がきっかけで同じ仕事をしている状態での
再会、これが私になお一層の前に進みパワーになりました!

私はあの日のスタッフ資料を(なんと手書き!!!)を
新郎にプレゼントしました。
その結婚式が新郎のルーツでスタートであるので、持っていてもらいたいなぁ、と。
(18年前の進行表もちゃんと保管管理している私ってすごくないですか??・笑)

また、何かコラボできる日がきたら、それは「奇跡の再会」ですね。
私もいろんな挑戦をどんどんしていきたいと思います!
新郎さん!見ていてくださいね!
私も見てます!(笑)

11月に忙しい時期の朝・・・
思い出した11月の結婚式の新郎との再会は私にパワーを与えてくれます。
会社勤めの頃、自分に言い聞かせていたことがあります。
「私の評価は会社で上司でもない、新郎新婦だ!」と。
今となってはとても偏った考えですが(笑)
それを信じて、この秋のシーズン、12月までを過ごしたいと思います。

今週末がいいお休みでありますように!

カテゴリ:

< 好きだったのに・・・・・  |  一覧へ戻る  |  JKに入ればJKに従え? >

同じカテゴリの記事

結婚式の作り方

20190412blog.jpg
こんにちは。
ウェディングデコレーターの新矢です。

今日は結婚式の作り方の中の大事なポイントの1つ、
「スタッフミーティング」について書きます。

このトップの写真は3月の週末、早朝の某カフェでの1枚です。
先月の結婚式の前に進行表を元に打合せをしています。
・・・けど、進行が中心ではありません。

新郎新婦のこと、おふたりの想いや結婚式のテーマなどなど。
これが打合せの中心になります。
この「結婚式の芯」をスタッフが理解をしていないと、
担当者不在の時に正しい判断が出来ないからです。
なかなか厳しいことのようですが、
結婚式は「人の力」が全てですから、
Luceでは大事にしていることでもあります。

今回は初めての会場での結婚式、
(当然ながら通常は結婚式をしていな場所です)
しかも壮大な仕掛けや転換もある結婚式です。
事前にしっかりとスタッフミーティングをしないと
担当者の私も不安でした。

打合せは2時間以上、
矢次のスタッフからの質問や確認事項が、詰めの甘さを発見するいい機会でした。
おかげさまで、いつもの会場でない場所での結婚式のお手伝いほど、
「Luceのチーム力」を評価いただきます。
それは結婚式当日では絶対に作れません。

こんな時間を新郎新婦のために私たちは作っています。
Luceのチーム力の強さでもあると信じています。
ウェディングプランナーの仕事は何かを手配をすることではありません。
見えない空間と思いを形にすることです。
それは「人の力」でしか創り上げられません。

桜の季節もそろそろ終わりですね。
明日からの週末、ステキな時間を過ごせますように!

確実にそこまで・・・・・

こんにちは。
ウェディングデコレーターの笠松です。

日中は暖かい日が増えてきましたね。
気づけば3月も半分以上が過ぎてしまいました。。。

そんな3月も下旬に差し掛かると気になるのは
        ・・・・・桜がいつ咲くかですよね!

春は桜意外にも色々なお花が咲くので、道を歩いていても
お花屋さんを覗いても色んな色のお花があって、
なんだか気分がワクワクしてきますnote

私の家の近くにも桜の木がたくさんあるので、
通るたびに見上げて見ているのですが、
だいぶ膨らんでいるものの、まだまだつぼみの状態です。

そんな中すでにとても花を咲かせている樹を見つけました!
何の種類かとみてみると・・・・・『サクラ類』となっていましたcoldsweats01

DSC_2271.JPG

早咲きの桜といえば河津桜などが有名かと思いますが、
他にも早くから楽しめる桜があったんですね。

東京はまもなく開花予想の日を迎えます。
そして満開予定の日は、桜をテーマに結婚式をされるお客様の
披露宴当日を迎えます。

その会場はとても桜がきれいなガーデンがある所なので、
いつもとは少し違った場所で桜を見ることができるのを
私たちスタッフも楽しみにしていますshine

まだ寒くなる日もあるようですが、、、
桜の開花ももうすぐですね!

極上の朝の過ごし方

こんにちは。
ウェディングデコレーターの新矢ヒカルです。

春めいてきましたね。
cherryblossomの季節ももうすぐそこ、という感じですね。
暖かくなってくると早起きもしやすいですね。

最近の私の朝の過ごし方を今日は少し書こうかな、と思います。
毎日できているわけではないのですが・・・。
ここ1、2年は少し早く起きれるようになりました。
元々朝は強い方でしたが、結婚式の仕事って不規則なので
いつの間にか、早起きが苦手となっていました。

私の部屋からが、いや、もっと言うとベッドからは
何にも邪魔されることなく、朝陽sunが昇ってくるのが見えます。
4時とか5時に薄暗い中で目が覚めると、ベッドで座って
環境音楽みたいなものを流して、ゆっくりと白湯を飲み、
気持ちいいぐらいで首肩を回して、身体を緩めていきます。
(この時のゴキゴキの音は目が覚めますよ・笑coldsweats01

そこからは家のことをしたりもしますが、
起きたばかりのスッキリ頭でシンキングタイムconfidentです。
今の問題点とその原因、解決策。
今後やっていきたいこと。
今、何をすべきなのか。
自分のやりたいことは何なのか、どうありたいのか。

その時々によって、色々なことを考え、
まぁ、自分ミーティング?1人ミーティングみたいなのですね(笑)
朝陽が昇るまでの1時間少しの間にやっています。
なかなか日中では時間に追われていますので、
この1人ミーティングの時間が迷わない自分を創るための
大事な時間のように最近は感じています。
(これを会社員時代に出来ていればなぁ・・・)
190318blog.jpg
色々な議題の1人ミーティングの後に
雲1つない青空の中に上がってくる瞬間の真っ赤な朝陽を見れたら、
それこそ、そこまでの1人ミーティングの方向性が定まるんですよ。

朝陽って清々しく、なんだかパワーをいただけますね。
笑顔で見れる日もあれば、いろんな意味で泣けてしまう日もあります。
明けない夜はない、とも言いますが、
その言葉の深い意味が分かるようになってきました。
年を重ねるっていいことも多いんですよ!!!(笑)
朝陽が上がると洗濯を始めたりしながら、ゆっくりとコーヒータイムです♪
早起きは三文の徳、これは本当にですよー。
充実した朝はいい仕事が出来ますからね。

・・・といいお話をしましたが・・・
4回に1回はベッドの上に座っていると、
同居人とメリイcatが膝の上に乗ってきて・・・温かいんですよーcatface
気づくといつの間にか座ったまま寝ていてsleepysleepysleepy
朝陽どころか、大変な時間になっていることもありますshocksweat01

今日も大きくて真っ赤な朝陽を見れましたよ。
今日の日がステキな1日になりますように!

カレーざんまい!

190317blog.jpeg
こんにちは!
アシスタントの前田です。

今日は事務所で食べたお昼ご飯のお話です(*¨*)

この日も料理上手な笠松さんがカレーライスを作ってくれましたhappy01

私は料理が苦手なので。。
本当はアシスタントの私の仕事なのですが
本当に役に立ちません( ; _ ; )

事務所で仕事をしているといい匂いがしてきます♬.*゚

私のお腹は正直もので、ちょうどお昼になると
グゥーっと音がなり、なんとか誤魔化そうとするのですが、
事務所
の中では無理ですね(笑)
とっても恥ずかしいです。

そしてお昼の時間がきて、カレーライスを食べました。

野菜やシーフードがたくさん入っていてとってもおいしかったです

それから次の日は、少し余ったカレーで
カレーうどんを作りました。

今回はカレーにだしを入れてうどんを茹でるだけなので、私にもできました。
多分手際は良くなかったと思いますが…
美味しくできたと思います!

ところで、なぜ「カレーざんまい!」なのかというと、

実はカレーライスの前日に
私の地元山梨で有名なほうとうを
急に食べたくなり、母と2人でお店へ食べに行きました。

そこで注文したのが、カレーほうとうだったのです!

なので、「カレーほうとう」→「カレーライス」→「カレーうどん
・・・と、3日連続でいろいろなカレーを満喫しました(*´˘`*)

カレーは大好きなので、どれも美味しく頂きました♬.*゚

ただ、写真をちゃんと撮っておけばよかったと
それだけが後悔です…

また美味しいものを食べた時はブログにアップしたいと思います。
お楽しみに!smile

細かなスタンバイをしています!

190304blog.jpg
こんばんは。
ウェディングデコレーターの新矢ヒカルです。
寒いですねー!bearing bearing bearing bearingサムイ・・・。
桜色の樹がちらほら見れているのに!
けど春はもうすぐそこ、ですね!

さて、私たちLuceはお客様に要望することを詳しくお聞きして、
会場探しからお手伝いをする「One Style Wedding」というコースがあります。
本当に色々なテーマで、色々な場所で結婚式をサポートしました。
(そのたびにご協力会社様には苦労をかけています・・・think
 すみません、いつもありがとうございます!)

そして、今もまさにそのスタイルで進めている結婚式があります。
トップの写真はなんて地味な変な写真だろうと思われた方も
いらっしゃることと思います。
言っておきますが・・・
ウェディングデコレーターの仕事って、華やかそうで超ー!地味thinkです。
どのくらい?
この写真が物語っています、

この写真のチオビタ(笑)の箱はですね・・・。
結婚式当日に使う椅子の10分の1サイズにしたものになるんです。
何のために?
この椅子に布を掛けようと思っていますが、
やはりカッコよく仕上げたいと思っているポイントなんです。
だから、いつもの私の大ざっぱではNGなんです。
布をどういう風にかけるのか、
そして、もちろん当然ながら、無駄な予算を使用しないように、
という意味合いもあります。

結婚式ってイメージだけじゃダメなんです。
(もちろん、デコレーターとしての感性は大事にしています!)
飾り付けのぼわーとしたのだけでなく、細かなところが大事です。
今回の布でいうと、どのくらいの長さが1番かっこいいか、ステキかが
よく分かりますよね。
見栄えもそうですが、ゲストの動きやトラブルに繋がらない工夫、
もちろん、片付けのことまで考えています。
当日なんとなく・・・じゃ、いい結果は出せません。
今回の新郎新婦のこだわりの部分でもありますので、
そこは私の大きなこだわりどころです。
妥協なんてしませんよー!(笑)

・・・そして、ここが大事だと思っていること。
新郎新婦のこだわりの表現でありますので、
担当のウェディングプランナーの

自己満足でないこと!

押しつけでないこと!

ここは絶対にいつも気をつけているポイントでもあります。

このおふたりだったら、どう表現したら
「さすがですねー!新矢さん!」
っと、言っていただけるか、だと思っています。
「さすが!」って、
プロの仕事に対する大きな誉め言葉
だと思っています。
そう思いませんか?

こうやって、地道に大ざっぱに仕事をしています。
(誤解のないようにですが・・・
 私と直接お話している方はみんなご存知だと思いますが、
 通常はかなり大ざっぱな性格です・笑)
細かなところ、大ざっぱなところの2つを持つAB型です!(笑)

本当に寒い雨ですね。
春まであと少し、風邪を引かないようにお過ごしくださいね!

このページのトップへ