HOME > ブログ 大人のステキ結婚式 > アーカイブ > いろんな結婚式のお話

ブログ 大人のステキ結婚式 いろんな結婚式のお話

多くの人の祝福を受けて

    170913blog.jpg
こんにちは。
ウェディングデコレーターの新矢ヒカルです。

先週末は2か月ぶりに晴れた週末だったそうですが、
私たちLuceも大忙しの週末でした!

桂由美さんが伝え続けている、小さな子供たちにも
「晴れの日の姿」を見せることをオープンカーを使って
桂ハウスからお台場の会場までウェディングドライブをお手伝いしました。

白いベンツにお花を装飾しましたが、
美しい車だけあって、引っかけるところもなければ隠しようもない状態で
装飾のセッティングには笠松さんと悩みましたが・・・
どうにかキレイに装飾が出来ました。
(こういうのって実は出たとこ当日勝負で結構大変なんですよね。
当たり前にすぐにセッティング出来るわけではありませんから!)

ご家族と一緒にお仕度をして5台の車でウェディングドライブ、
遅れが出ない車がいないか、担当の私はドキドキでしたが、
予定通りに会場に到着!
街ゆく人もおふたりに声をかけてくれたり、
拍手をしてくださったり・・・。

新郎新婦も大喜びでした!
私たちも本当に嬉しかったです。

帰りの車の中、ヘアメイクさんはオープンカーに大喜びで
楽しんでいただいたようです。

街ゆく方からの祝福って本当に嬉しいものです♪

今週末は3連休ですね。
・・・私たちはもちろん仕事ですー!(笑)

連休までにしっかり仕事して、いい連休を過ごしましょうね!

GOOD WEDDING AWARD 2017 ベスト50入りしました!

170902blog.png
こんにちは。
ウェディングデコレーターの新矢ヒカルです。

9月に入り、急に秋らしく涼しくなりましたね。
南国生まれだけど、暑さに弱い私はご機嫌に過ごしています。

さて、今日はLuceからのお知らせhappy01です。
毎年、リクルート社、ゼクシィが主催して行われる、
年に一度のプランナーのウェディングプランニングコンテスト、
『「いい結婚式」のプランニングコンテスト
GOOD WEDDING AWARD 2017』
の決勝戦が先月行われました。

去年のアワードはLuceから2つの結婚式をエントリーさせていただいて、
1組の結婚式はおかげ様でファイナリストになり、
もう1組も「ベスト50」に入り、ゼクシィさんからは
「さすがルーチェさんですねーconfident
と誉めていただけましたheart04happy01
2016年のAWARD の決勝戦ではたくさんの業者さんやお取引先の皆様、
新郎新婦までが会場へ応援に駆けつけていただき、
熱い声援を送っていただき、本当にありがとうございました!

実は今年も1組の結婚式をエントリーをしまして、
今年も「ベスト50」に選出されました!
ファイナリストになれなかったのは残念ではありますが、
今年は669組のエントリーがあったそうで、
光栄なお話です!

私たちLuceは「ブライダル業界の救急病院」と言われ、
結婚式の準備のスタートに失敗した新郎新婦のお手伝いをする機会がなぜか多く、
そんな結婚式を通して、「ブライダル業界への一石を投じる」ようなお話や、
「ウェディングプランナーの在り方」などの
結構、耳が痛い人がいるようなエントリーが多かったような気がしますが、
今回は少し違いました。

今年のエントリーした結婚式は・・・
また改めてパーティレポートなどで出しますが、
結婚式当日は私たちの気持ちもほんわかした結婚式でした。

この結婚式のおふたりは結婚式の前後には
おふたりの人生にとって本当に悲しく、辛いことがあったのですが、
結婚式を通して、強い絆で結ばれ、変わっていったおふたりを
私たちはメールなどでも感じることが出来ました。

そして、苦しかったことも結婚式の思いでふたりで乗り越えていけた、
結婚式が終わった後から、少しずつ幸せが増してきた、
そんな新郎新婦からのメールの言葉から、
私たちLuceのキャッチコピーであり、理想の結婚式のカタチ、
「シアワセノツヅキ ソノアトモズット」
のコンセプト通りの結婚式だと強く感じました。


そんな思いでエントリーシートを書かせていただきました。

そして、こちらのおふたりに8/30にお子様が誕生しました!
・・・新郎からご連絡をいただいたのですが、嬉しかったのでしょうね、
実は男の子なのか、女の子かの記載はなかったんです(笑)
それが一層、私たちまでがとても幸せ感をいただきました!

またこの結婚式の詳細は書きますので、ステキな結婚式を見てください!

では、今日から始まった9月もいい1か月でありますように!
(涼しいだけで私は幸せですhappy01

ゲストに思い出してもらえる結婚式

こんにちは。
暦は秋を感じる時期に入っていますが・・・
毎日、本当に「猛暑sunsunsun」ですね。
今年は事務所の引っ越し等が重なり、夏休みをとれていないので、
ちょっとバテ気味のウェディングデコレーターの新矢ヒカルです。
   170825blog.jpg
さて、今日は・・・
「ゲストに思い出してもらえる結婚式」
について、書こうと思います。
この言葉は初めてお目にかかる新郎新婦によくお話の中に出てすワードでもあります。

新郎新婦が主役の結婚式、
お金をかけたゴージャスな結婚式、
ご両親のための結婚式、
ゲストと楽しむ結婚式、
ちょっと変わった場所で個性的な結婚式、
・・・・・・。
今は色々なスタイルがありますが、
正直言って、どのスタイルも「あり!」goodです。

そこにおふたりに人柄やそこまでのおふたりの歴史を表す、
そんあ意味ある演出やチョイスが大事なんだと思います。
ただ「おもしろそう!smile」「固くしたくないから!happy02
という理由だけで、会場や演出を選んでしまうと、
残念ながら、思い出してもらえない結婚式になってしまう可能性が!
それどころ、その結婚式で嫌な思いshockをしたことが
ふたりの結婚式の思い出として、陰ながら友人の中での話題になったりするかもしれません。
例えば・・・shadowshadowshadow
「本当に待たされたよねー」とか「駅から遠い場所だったよねー」とか。

そうならないためには・・・?

こんなことをブログに書こうと思ったのは、
2013年に秋に私たちがお手伝いをしたNさんご夫妻、純子さんが
『転勤になってしまったので、一度お会いしたい』
と事務所にお越しくださいましたhappy01
純子さんは私たちLuceのイメージ撮影cameraの時にご協力をいただいた、
花嫁モデルさんでした(会社員の方です)
「かわいい」「キレイ!」のどちらも持った女性で
結婚式当日は本当にステキな花嫁さんheart04でした!

純子さんの結婚式は人前式、披露宴共に1つのアイテムを使って、
「今」から「未来」に向けて、演出をしました。

新郎は森林関係のお仕事をされていて、
純子さんはデザートが大好きでご自分でも作るほど、
その中でも「みかん」が大好きでした。
新郎のお仕事を聞くにつけ、なかなか認知されていない業種だな、と思い、
私が考えに考え、おふたりに提案したことは・・・
「植樹」budのセレモニーでした!

打合せの中でおふたりの未来の予想図は本当に具体的で、
画に書き表せるほどでした。
その中におふたりの家の庭に結婚式の時の植樹した樹を植えて、
毎年秋には結婚式のことを思い出してもらえたらなぁconfidentと思い、
挙式の中で「みかん」の樹の植樹を行いました。

この「みかん」も純子さんが大好き!っていうことだけでなく、
花言葉が「花嫁の喜び」「親愛」という意味があったので、
おふたりはチョイスをされました!


披露宴の中もそこに少し触れた演出があったのですが、
ゲストもおふたりの将来を思い描いたことだと思います。

そして、結婚記念日には純子さんは『今年は何個のみかんがなりました!』
と写真を送ってきてくださいます。
それは私たちの楽しみでもあります!

純子さんはお話の中で、
「今でも結婚式の時のみかんの樹はあるの?」とか、
「今年は何個なったの?」とか、
「純子さんの結婚式ではみかんの樹を・・・」とか、
当日出席されたゲストの皆さんから言われたり、聞かれたりするそうです。
そんな時はやはり純子さんの結婚式の話で盛り上がるそうです。

おふたりのことを知っていただくことと、
セレモニー(演出)に対して、意味合いを出していったことにより、
何年たってもゲストの中で、おふたりの結婚式が色褪せない、
そんな結果につながっていくのだと思います。


奇てらうこと(演出)だけで、ゲストの心に残る結婚式には
なりえないと思います。
結婚式は「イベント」ではありませんからね!

純子さんはもっとみかんがたくさんなったら、
ゲストで結婚式に来てくださった方に配りたい!とおっしゃってました。
その場で私もおすそ分けの立候補をしました!paper(笑)

Nご夫妻の転勤先は・・・
なんと私の出身地である「鹿児島!」なんです!
なんというご縁でしょう!happy02

先に鹿児島入りした新郎のお話によると・・・
鹿児島に来てから、みかんの樹はメキメキと大きくなってるそうです(笑)
気候があうんですかねー。
そういえば、鹿児島の名産品の1つがみかんだったような・・・。

おふたりの植樹したみかんの樹になったみかんをいただける日を
心待ちにしながら、おふたりのような、
「ゲストに思い出してもらえる結婚式」を創るお手伝いをしていきます!

では夏バテをしないように
今日も元気ですごしましょう!


プランナーの有効利用!

和装ペアもありIMG_8488.JPG
こんにちは。
YUMI KATSURAウェディングプロデュース カリヨンTOKYO、
ウェディングデコレーターの新矢ヒカルです。

桂由美ブライダルハウスでは先週かラ明日まで、
「プレ花嫁」のイベントを行っています。
敷居が高い??と思われているユミカツラの衣装を間近で見ていただき、
その質感やお仕立てをご覧いただいています。
ちなみに予約は不要です!

そんなイベントでお越しいただいたカップルで
会場がまだ決定してないおふたりに私が少しばかりアドバイスを
させていただいていますが・・・。
本当に真面目にメモを取っていただいて聞いてくださいました。
ありがとうございます!

会場の選び方もそうですが、親御様への対応のしかたなど、
本当に幅広く、けど少しずつお話をさせていただきます。

今日は新米新郎新婦(笑)の姿を見て、過去を振り返り感じたことがあります。

プランナーもやはり人の子、しっかり聞いていただいて、
素直に反応をいただいて、想いを伝えられると
「どうにかしてあげたい!」って思いますね。
反対にプランナーの方のチェックばかりしていると・・・
もしかしたら、「ちゃんとしなきゃ!」だけが前にきて、
無難な対応や提案も少なくならないとも限りません。
そして、何度も結婚式を見てきているプロとしてプランナーに対応いただければ、
プロ新郎新婦になるかもしれませんね。
皆さん、プランナーの有効利用をしてくださいね!
 

おめでとうございます!

160717.jpg
こんにちは。
ウェディングデコレーターの笠松です。
たびたび登場させていただいております^^
 
現在私たちは
ゼクシィ主催の「いい結婚式」のプランニングコンテスト
GOOD WEDDING AWARD2016の
決勝戦に向けて色々と準備を進めております。
 
役割分担を決めてそれぞれ準備をしているのですが、
私が担当している『あるもの 』を制作していると、
今回のコンテストに応募させていただいたおふたりの
結婚式の事をよく思い出します。
 
結婚式は約1年前だったのですが、、、
 
結婚式までの数週間は毎週のように会場へ行って
たくさんのものを手作りしました。
 
間に合わないんじゃないか!?
とドキドキしたことも今は楽しい思い出です(^^)
 
今はまだお休みをいただいている途中ですが、
少しでもコンテストのお手伝いができて嬉しく思っています♪
 
それもこれもおふたりの結婚式のお手伝いを
させていただいたおかげだと思っています。
色々とご協力いただいているおふたりの気持ちを胸に
決勝戦に向けてLuceは全力で頑張ります!!

少し遅れてしまいましたが・・・
Sご夫妻、結婚記念日おめでとうございます!!

「家族の結婚式」から5年。

160718blog①.jpg
こんにちは。
YUMI KATSURAウェディングプロデュース カリヨンTOKYO
ウェディングデコレーターの新屋です。

今日は海の日。
5年前の忘れられない結婚式の日です。
今、Luceのブログやfacebookでいっぱい上がっている、
「いい結婚式」のプランニングコンテスト GOOD WEDDING AWARDの
2012年にファイナリスト、ソウル賞をいただいた結婚式当日でした。

私がいわゆる会社勤めを辞めて、すぐに担当した新郎新婦でした。
実はこの結婚式の当日のアシスタントは藤原さんで、
初めて結婚式の仕事をした日でもありました。

なかなか難しいテーマでしたが・・・
その分、考え抜き、忘れられない結婚式になりましたし、
「家族の結婚式」なだけにS様ファミリーの子供たちの成長も気になるんです。
きっと、今日は会場だった竹芝のレストランに行っているのでは?と思います。
「子供たちの結婚式も新屋さんにお願いするからねー」
って言ってもらっていますので、私も頑張っていきます!

S様、結婚式記念日おめでとうございます!

1番大切なものは「人」

こんにちは。
YUMI KATSURAウェディングプロデュース カリヨンTOKYO
ウェディングデコレーターの新屋です。
ミャンマーから帰国して、まだ本調子ではないのですが・・・
そうは言っても仕事は山積みですcrying

そんな中、今回「いい結婚式」プランニングコンテスト
GOOD WEDDING AWRD2016でファイナリストになった結婚式の
新郎よりこんなメールが届いていました。

私たちの仕事の大事なことを思い返させていただくような、
元気づけられるメールでした。
ありがたいメールです。

mailto mailto mailto mailto mailto mailto mailto mailto mailto mailto mailto mailto mailto

結婚式を終え、ルーチェの皆様に式を担当いただいて感じたのは、
「結婚式はもっと自由でいい」ということ。
 
 
僕たちがルーチェさんに出会うまでに感じていた
結婚式への窮屈感、マニュアル感、義務感
 
年齢、性格、好み、国籍、家庭状況、経済状況等々
みな違うのに、なぜ同じカタチにはめようとするのか。
本当に疑問でした。
だからこそやらないことも考えました。
 
 
ですが、皆様との出会いと一緒につくっていこうとしてくれた想いのおかげで払拭することができました。
 
 
他社さんで、
デザインがものすごくレベルが高いところもあります。
会場がすごいところもあります。
お料理が有名なところもあります。
ステキなドレスを提供してくれるところもあります。
 
 
ですが、、
 
1番大切なのは、「人」です。
この方達になら大事な日を任せられるかという気持ちです。
 
だから僕たちはWedding Design Luce様を選びました。


loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter loveletter

メールの一部抜粋ですが、
新郎新婦の気持ちが大きなエールになります!
「人」の力を評価されるのは本当に嬉しいことです。

今、挑んでいるコンテストも3人で力を合わせて
グランプリを狙っていこうと思います!happy01 coldsweats01 winkZ.jpg

いつになったら座れるの??

こんにちは。
YUMI KATSURAウェディングプロデュース カリヨンTOKYO、
ウェディングデコレーターの新屋です。

少しブログ更新も開いてしまいました・・・catface
さて、今日は先日乗ったタクシーの運転手さんのお話を書こうと思います。
桂ハウス前から乗車したこともあり、必然的に結婚式のお話になりました。

そんなに先でない将来に運転手さんのお嬢様が新婦になる気配を
感じているそうで、矢次の質問でした。
最近出席された姪っ子さんの結婚式でのお話だそうですが・・・。

23区内でちょっとカジュアルなスペースでのアウトドアっぽい雰囲気で
ガーデンのようなところに通され・・・
「どんな披露宴になるんだろう?」と最初はワクワクだったそうです。
そして、新郎新婦が入場してきて、ケーキ入刀が行われ。。。

親族であった運転手さんは「いつになったら会場内に移動するんだろう?」
「いつになったら座らせてもらえるんだろう?」bearing

・・・っと、自分がいるスペースから涼しそうな誰もいない会場を見ていたそうです。
「ふと気づくともう花束贈呈で、結局、立ちっぱなしのろくに食べれないままで
お開きになってたよ」
苦笑いをされていましたが・・・厳しい1日でしたよね、お祝いで駆け付けたのに。
160515blog.jpg
新郎新婦はもっと気遣いをしなければいけなかったのでしょうね。
自分たちがどう見えるか、とか、どんなことをする、も
もちろん大切なことでしょう。
けど、結婚式という場所は全てのゲストが「よかったね」って
言って帰っていただくことが1番大切ではないでしょうか?

今、アウトドアのウェディングが多いようですが・・・。
ゲスト全員が嫌な思いをしないように、新郎新婦がしっかりとおもてなしの
準備をする対策をしなければいけないと思います。
予算がないからアウトドアで、なんてとんどもないです!
「ないところ」に「あるもの」を創るのは本当に手間とお金がかかります。
それが出来ないなら、違う方法を考えた方がいいと思います。

親族やゲストの「不満足」の上に新郎新婦の「楽しい」「こだわり」が
成り立つような結婚式は将来的に新郎新婦のためにならないと思いますよ。

この後もタクシーの中では「新婦の父」の本音をたくさん聞くことになり、
ある意味で本当に勉強になりました!
これも機会がありましたら、またブログで書きたいと思います。

では良い休日をお楽しみくださいね♪


鯉のぼりを見ると・・・

こんにちは。
ウェディングデコレーターの藤原です。

みなさん、楽しいゴールデンウィークをお過ごしでしょうか?


先日、ミッドタウンの近くを通ったら大量のアレがsign03

IMG_3520.JPG

IMG_3515.JPG

そう、鯉のぼりですfishfishfish
もうすぐ「こどもの日」なんですね~。

こんなすごい数の鯉のぼりにも驚きましたが、
1匹1匹の柄にも驚きましたsign03
私の知っている鯉のぼりは、赤や青のうろこですが、
ここで泳いでいる鯉のぼりは面白い柄のものばかりhappy02

これなんて、カラーチャートですよね(笑)sign02

IMG_3526.JPG

毎年、鯉のぼりを見ているのですが、いつも思い出すことがあります。
それは、ちょうど「こどもの日」の次の日に結婚式を行ったおふたりのこと。

もうすでに何度かブログにも挙げていますが、
自宅でお仕度をして、牧師先生であるお父様の教会で式を挙げて
教会の駐車場で近所の方々にサプライズティーパーティを行ったおふたりです。

私が一から結婚式を作り上げた初めて新郎新婦でした。
結婚式の日からもうすぐ2年がたちます。

いつもこの時期になると、鮮明に思い出します。
楽しかったこと、大変だったこと、緊張したこと、感動したこと。
全部私の宝物ですconfidentheart04

近々、おふたりの結婚式の様子を「ハッピーレポート」にアップしますので
楽しみにしていてくださいねsmile

ホントにこんなでいいの??

こんにちは。
YUMI KATSURAウェディングプロデュース カリヨンTOKYO、
ウェディングデコレーターの新屋です。
桜も開花しましたね~cherryblossom

160325blog.jpg
今日はレストランウェディングを得意とする私たちが1番のおおてなし、
と訴えたい結婚式のお料理のお話です。

今までの似たようなことをブログに書いてきていると思いますが、
最近、私たちのサロンへ営業に来られた業者さんのお話です。
業者さんは30歳くらいの女性でブライダル関係のお仕事を始めて
今、3年ほどでしょうか・・・。
ちょうど色んなことが見えてきて、疑問が出ていているようです(笑)

「聞いてくださいよー、なんだか、結婚式に行って微妙だったんです。
新屋さんもいつも言ってるように、結婚式で大事なことっておもてなしの料理だと思っているんです。
けど・・・。
仲のいい友達だから、本人には言えませんが・・・coldsweats02
最近2つの結婚式に行きましたが、どちらもお料理が最悪でしたpout

「式場?ホテル?」

「いえ、1つは例の〇〇婚でしたが・・・本当に料理だけでなく、
司会者のレベル1つとっても噂通りで・・・料理もお値段が分かる感じで・・・。
しかも、もう1つが誰でも知っている有名なゲストハウスなんですsweat02

せっかく結婚式をやるのにゲストのおもてなしが
この料理でいいと思ったのかなぁ・・・?
新郎新婦がこのことに気づいているのかしら?
ブライダル関係者らしく、そんな話をしていました。

最後に「新郎新婦に対してホントに結婚式の料理がこんなでいいの??って思いましたし、
料理がダメだとご祝儀が惜しくなっちゃいますよねー」
と。

・・・ゲストにとっては正直な意見ですよね?(笑)
結婚式はバランスも大切ではないでしょうか?
新郎新婦は知らなくても仕方ないですが。。。
プロであるウェディングプランナーはメリットとデメリットを
しっかりと伝えることも仕事の1つだと思います。
また、会場側も・・・。
料理って「おもてなしで大事ですよ~」ってお話をしませんでしたか?

ゲストが「美味しくない」と思わせる料理って・・・
私はかなりの重傷の会場だと思いますよ。

新郎新婦の皆さまも試食は通常営業中のお料理とサービスマンの
本質が見えているはずなので、準備されていない状態の試食をおすすめします!

12

« THE!ブライダル業界 | メインページ | アーカイブ | Luceからのお知らせ »

このページのトップへ