HOME > ブログ 大人のステキ結婚式 > いろんな結婚式のお話 > うれしいフレーズ

ブログ 大人のステキ結婚式

< 酉の市に行ってきました!  |  一覧へ戻る  |  同じところばっかり??? >

うれしいフレーズ

shutterstock_137614301.jpgのサムネイル画像

こんにちは。
ウェディングデコレーターの笠松です。
かなりご無沙汰になってしまいました…
 
毎年この時気になるとよく
今年もあっという間だったと言う話をしますが、
年々それがスピードを増している気がします。
 
秋のウェディングシーズンも一段落、と言いたいところですが、
ありがたいことにクリスマス直前まで結婚式の本番がありますので
まだまだ気を抜けません!
 
そしてそんなちょっとお疲れ気味なときには、
思い出す言葉があります。
 
ちょうど今くらいの季節に結婚式の
お手伝いをさせていただいたおふたりですが、
ご成約いただいたあと最初の打合せで
『担当は当日まで笠松さんがしてくれるんですか?』と聞かれました。
 
私たちルーチェも以前私がプランナーをやっていたところも
新規のご案内から当日まで、
全て担当させていただくスタイルをとっています。
 
会場によっては分担制のところもあるので、
この質問は今までに何度もされていますが、
こう言っていただけるの、実はとってもうれしいですnote
ちょっとした一言でさらにやる気が出ますhappy02
 
今年最後の婚礼まで残り約1ヶ月・・・
最後までしっかりとお手伝いさせていただきます!!!

カテゴリ:

< 酉の市に行ってきました!  |  一覧へ戻る  |  同じところばっかり??? >

同じカテゴリの記事

一番人気の季節です

pixta_16441522_L のコピー.jpg

こんにちは。
ウェディングデコレーターの笠松です。

季節はもうすっかり秋!
朝晩はだいぶ過ごしやすくなり、
1年中黒スーツの私たちにとって過ごしやすい季節になりました。

そんな気候のいいこの季節は
1年の中で最も結婚式をされる方が多いシーズンでもあります。

新緑の春も人気ではありますが、最近は春といえど
汗ばむほどの陽気になることも多いからか、
以前よりも秋の人気が高くなっているように思います。

そして夏の時期は結婚式をされる方が少ないというのは
以前から変わらずのことです。

なので友人などにはよく
『夏は結婚式とかないから仕事暇でしょう~』と
言われることも多いのですが実は・・・・・
全くそんなことはございません!!!

それはなぜかと言いますと、秋に向けて結婚式をされるお客様との
打合せが夏前からすでに始まっているからです。

もちろん夏は結婚式自体はそんなに多くはありませんが、
週末はお客様との打合せをしていることが多いです。
そして平日の間に事務処理をして、、、、、
という日々を過ごしているとすぐにブライダルの
トップシーズンに突入してしまいます。

そんな私たちLuceも秋のウェディングシーズン真っただ中です。

そして月日はあっという間に流れ、
『もうすぐクリスマスだね・・・』
という会話をしているというのが毎年の恒例です。

ちなみにこれも毎年のことですが、
クリスマスの直前くらいから年明けお正月休み明けくらいまでが
1年の中で一番仕事が落ち着いています。
夏同様寒い1月2月も春秋に比べると結婚式が少し少ないですからね。

その分クリスマスで忙しい提携先のレストランなどに
毎年クロークなどでお手伝いに行っています。
これも年末の恒例行事です。

今年も残りあと3ヶ月を切りました。。。
新郎新婦おふたりのために、
年末年始を笑顔で迎えられるために、
引き続き頑張ります!!!



これって打合せ??

compressed_71873894-c796-4723-a809-5e7f66ed8718.jpg
こんにちは。
この週末は打合せで出先からで先へ飛びまわっており、
汗だくだくの笠松です。

そんな週末にお打合せをさせていただいたおふたりから
ちょっとビックリすようなお話をお伺いしました。

そのおふたりとはフローリストを交えての打合せをしたのですが、
いつも通りおふたりのご希望をお伺いしつつ、
お花の色味やデザイン、それに合わせたテーブルクロスなど
写真や実際の生地見本を使ってご提案をさせていただきました。

昔からこのスタイルは変わっていません。
今はipadなどの便利なツールがあるので、
昔のようにアルバムを何冊も持参なんてことはなくなりましたが、
それ以外は今まで通りです。

このお客様ももちろんそのように打合せを進めさせていただき、
お花のお打合せが終わった後、お花以外の打合せを進めようとしたとき・・・・・
「こんなに色々と提案してくださって感動しました。
 〇〇では何も提案してくれなかったので。。。」と言われました。

実はこのおふたりは挙式を別日に新郎の地元で行い、
その後ご親族のみでのご会食会をされるお客様で、
私は東京での会食会のお手伝いをさせていただいております。

その挙式後の会食の際のお打合せを先日され、
同じようにフローリストさんとの打合せがあったようなのですが、
おふたりは希望を聞かれることもなくipadを渡され、
「好きなものをお選びください」と言われたそうです。

私はしばらく絶句してしまいました。
そしてちなみにその方は本当にフローリストさんだったんですか?
とお伺いしたら、かなりの有名なお花屋さんの方だったとのことなので
さらにビックリ!!

ご希望をお伺いした上で、よりイメージに近いものを確認するため
写真を使うことはあると思います。
でもそれもなくただ見てもらうだけって、それが打合せ!?と疑問に思いました。

しかもおふたりがこんな感じはどうなんですかなど質問をしても
「良いと思います」というお返事しかなかったそうで、、、
それを聞いた時はもう笑うしかありませんでした。

なので今回の打合せで色々とおふたりの希望に合わせて
どんな感じがいいのかを色々考えながらご提案したことを
よろこんでくださったようです。

会場によってやり方はそれぞれではあると思いますが、
ただ写真の中から選んでもらうだけであれば、
それを見るツールさえあれば誰でも出来ますし、
極端なことを言えばわざわざ時間を作っていただいて
会場に来ていただかなくてもできてしまいます。

写真だけでは分からない部分などをご説明したり
迷っているおふたりにご提案したりするのが打合せだと私は思っています。
その分時間はかかりますが、それが結婚式の準備の
楽しみの一つだと私は思っています。

色々と便利な世の中になってきていますが、
変わらない方がいいこともあるのだと、
改めて思ったおふたりからのお言葉でした。

夏の結婚式

edo-furin-ec-790x480.jpg

こんにちは。
ウェディングデコレーターの笠松です。
 
とにかく暑い!!という感じの毎日ですが、
最近は事務所を出ての打ち合わせも多く、
毎回汗だくになりながら移動をしております。。。
そんな昨日も外での打ち合わせでした。
 
7月8月は気候のこともあるのでなかなか
結婚式をご希望される方が少ないのですが、、、
 
そんな暑い中お越しいただくゲストの皆様に、
夏ならではの結婚式を楽しんでもらいたい!と
色々と演出を考えられたおふたりのお手伝いを
させていただいたことがあります。
 
お式は夕方、披露宴開宴と共に少しずつ
日が暮れてくるという時間帯から始まりました。
 
会場入り口外には涼しげな音を奏でる風鈴をつるし、
きれいな音色がゲストをお出迎えしました。
 
そして受付では席次表などのペーパーアイテムと共に
新郎の出身地でもある香川県の伝統工芸品『丸亀うちわ』の
カラフルなミニサイズのうちわとよく冷えたおしぼりを
ゲスト全員にお渡ししました。

sunchi_wiki_uchiwa_top.jpg
 
おしぼりを手にされた男性ゲストは気持ちよさそうに
顔を拭いていらっしゃったのを覚えています。
 
そして挙式も滞りなく終わり、披露宴も終盤に差しかかったころ、
おふたりはデザートビュッフェをされました。
 
この時私がいた会場はガーデンのある会場で、
おふたりはそのガーデンでのデザートビュッフェをご希望されていました。
それはなぜかというと・・・・・
ガーデンの所々にホタルをイメージした電飾を用意していたんです
 
この日は奇跡的に日が沈んで少し涼しくなったので、
デザートは室内にご用意し、外でも食べられるようにゲストにご案内しました。
 
そしてその装飾に気付いたゲストの方たちは、
『わぁ!』という歓声をあげていて、新郎新婦もにっこり。
 
新郎新婦はもちろん、ゲストにとっても
記憶に残る夏の結婚式になったことと思います。

そして私も夏ならではの結婚式を楽しませていただいた一日でした!

この夏活躍の紺色シューズのお話

180712blog.JPG
こんにちは。
ウェディングデコレーターの新矢です。
毎日毎日暑い日が続いていますねsunsunsun
私は既に夏バテでダウンしてしまいました・・・。
(南国生まれなのに、本当に暑いのが苦手ですwobbly
皆さんも夏バテと日焼けに気を付けてお過ごしくださいね。

さて、今日はこの夏に新しくおろしたショーズboutiqueのお話をしたいと思います。
この紺色のシューズはちょうど3年前の夏に購入しました。
とても履きやすくて、この夏は出番多し!です。

このシューズは3年前の夏の始まりに初めて履く予定で買いました。
しかも!
Luceやいつも仕事でお世話になっている業者さんとお揃いなんです。

。。。ということで、実は結婚式のために履く予定だったんです。

何度も過去のブログで出てきている結婚式で、
リクルートゼクシィ主催にウェディングプランナーのコンテストの
「GOOD WEDDING AWARD2016」でファイナリストになった、
三崎口のオーベルジュで初めて結婚式をしたんですが、
「ENJOY SUMMER!
 ENJOY HOLIDAY!
 ENJOY WEDDING!」

このテーマで結婚式のプロでュースをしましたが、
その結婚式のためにスタッフ全員お揃いで買ったデッキシューズでした。

この結婚式は海沿いでのものでしたが、私たちの1番の想いである、
「結婚式はキチンと厳かに、披露宴は和やかにたのしく!」のように、
結婚式はスタッフ全員がいつもの黒服でしたが、
披露宴が始まったら、ボーダーのTシャツに紺色のデッキシューズで
結婚式のサポートを行いました。
そこで私が履くはずのデッキシューズでしたcrying

今でも語り継がれていますが・・・
今では笑い話になっていますが・・・
この結婚式は数日前に笠松さんがブログで書いていた通りに
かなり大がかりな結婚式で、自分たちで毎週定休日にオーベルジュに行き、
DIYをしたりした結婚式でした。

前日も当時、乃木坂のサロンから赤帽のトラックで荷物を出して、
前日は泊まり込みでスタンバイをする、始発で当日は会場入りをする、
そんな結婚式でした。

その結婚式の前日に事件は起こりました。

なんと、私が自宅から荷物など大きなものを持ち、出かけようとしたら、
階段を踏み外して転倒、持っていた荷物で顔は無事だったのですが、
足が時間ごとに大きくなっていくほどの重症でした。
とりあえず、乃木坂のサロンまではタクシーで、
そこからは予想外に赤帽に乗って、会場入りをしたんです。

足が痛くて、全く歩けず・・・。
けど、スタンバイはたくさん・・・。

サロンに向かうタクシーの中から、スタッフに電話で報告しましたが、
「もうダメだと思った」らしいです(笑)
周りのスタッフのお心遣いと気合いのおかげで
スタンバイはどうにかなりました。
本当にありがたかったです。
スタッフの強い勧めで、地元の病院に行って「全治1か月」と言われましたが
完全無視して、次の日は黒いスリッパで乗り切りました。
足が痛くて痛くてでしたが、大事なシーンではそれを忘れてました。

多くの想い出と少しの自信を持つことが出来た結婚式でしたが、
私は「ケガをしない」「体調を整える」この当たり前の2つを思い知る、
いいきっかけになった結婚式でもありました。

その靴は忙しくしていた2つの夏は履くことがなかったデッキシューズでしたが、
今年の夏、晴れてデビューです。
このシューズを履くはずだった日のことを思い出して、
今年は夏を楽しもうと思います!

今日はLuceの記念日~第4章スタート!

180707blog.jpg
こんにちは。
ウェディングデコレーターの新矢ヒカルです。
雲でいっぱいの空ですが、明るくて晴れて来そうですね。

さて、今日は7月7日、七夕です。
そして、この日は私たちの記念日です。
実は2010年7月7日にLuceをスタートさせることに決めて、
少しずつ構想を練り始めた日でした。
1年近くかけて準備を始めて、2011年4月1日に竹芝サロンで
その歩みをスタートさせました。

以前にブログにも書いていますが・・・
最後に「社員」として勤めた会社で大変なことになり(省略)・・・。
件数、利益だけに追われる結婚式だけを作り出すことに疲弊しきってたし、
信頼関係のない状態での結婚式はもうやりたくない、
と初めて「結婚式の仕事が嫌だ」と思っていました。

年齢的にも他の業種に転職するなら最後のタイミングだと思い、
結婚式の仕事を辞めようと思い、ちょっとご紹介で他の仕事を始めました。
数か月で「楽しくない」と思い始めた時に・・・
Luceを一緒にスタートさせたMさんと再会して、
また結婚式の仕事を始めることを決心した、という流れが前にあります。

ふと気づくとその時から7年も8年もたっていました。
毎年、一生懸命なので。。。
そんなに時間がたっていたんだーというのが本音です。
構想を始めた日から、今日でちょうど8年!

去年、ドレスデザイナーの桂由美さんとのコラボの仕事が満了して、
やっと新しいスタンスが落ち着き、
そして、今、新しいメンバーも加わり、新しい挑戦を始めています。
桂先生から学んだ結婚式への想いも含めて、
もっともっといい結婚式を新郎新婦に提供していきたいと思います。

そして。
ここまでLuceがやってこれたのは、いつも私の無理難題を一緒に乗り越えてくれる、
東京に着た頃からお世話になっている業者さん、ご協力会社のお力添えです。
それ以上に私をサポートしてくれて、
力を貸してくれているスタッフの皆さんのおかげです。
今はアシスタントですが、藤原さんをはじめ、現場のアシスタント、
そしてLuceの途中から中枢となっている笠松さん、
これから、一緒に頑張ってくれるスタッフのおかげです。
ありがとうございます。

私の中ではLuceは何回か方向性のシフトチェンジをしてきました。
この2018年7月からはLuceの第4章のスタートです。
フリーとして独立して、少しは知識も経験も増えてきました。
今まで以上に長年の経験と想いを活かして
「結婚式のプロ」として努力を重ねて、お役に立てるようにしていきます。

「続ける」ことは本当に大変だと今、実感しています。
けど、今、「信念」を持つことが1番の武器であり、守りなんだと
実感をしています。
これからもちょっと不器用で真っ直ぐな(真っ直ぐすぎる)Luceを
どうぞよろしくお願いします!

2018年7月7日、本日!

Wedding Design Luceの第4章の始まりです!

このページのトップへ