HOME > ブログ 大人のステキ結婚式 > GWA2016 > 『おふたりのやりたい結婚式』~Luce Wedding Award 2016 Vol.3

ブログ 大人のステキ結婚式

< 『おふたりとの出会い』~Luce Wedding Award 2016 Vol.2  |  一覧へ戻る  |  ご心配をおかけしています! >

『おふたりのやりたい結婚式』~Luce Wedding Award 2016 Vol.3

こんにちは。
ウェディングデコレーターの藤原です。

先日から始まった、「Luce Wedding Award」
私もこの結婚式をたくさんの方に伝えたいので、ゆっくりではありますが
更新していきたいと思いますhappy01

ある会場に裏切られた新郎新婦・・・。
前回の記事にも書いてあるように、私たちのところへ初めて来たおふたりは、
プランナーへの失望感でいっぱいだったと思います。
でも誠意を込めて、おふたりの話を聞いていくうちに
おふたりのやりたい結婚式のお話もたくさん聞かせてくれました。

夏と海が大好きなおふたり。
「みんなで夏を楽しみたい!海外のような結婚式がしたい!」
そんな希望を私たちに教えてくれました。

ea96f.jpg

プロポーズもハワイでしたそうで、本当に海が好きなんだなぁということが
伝わってきました。

おふたりからは「海外のように見える日本の海がいい」というような
無理難題(笑)な希望もありましたが・・・
とりあえず、自由な結婚式を望むおふたりに、私たちの結婚式のスタイルの1つ、
【One Style Wedding】についてお話をしました。

One Style Weddingとは、おふたりの希望を聞いて、
最適な「テーマ」を見つけ出し、それに基づいてイメージを膨らませて
そのイメージにぴったりな会場を見つけ出して、おふたりにご提案します。
このスタイルは、おふたりにピッタリだったようで、
とても興味深そうに聞いてくださいましたsmile

おふたりの好きなことやしたいことを聞いて想像するだけで、
きっと楽しいだろうな、と感じる結婚式に、私たちもワクワクしたのを覚えていますheart04

ただそれとは別に、私たちの中で少し気になったことが・・・

それはまた次回paper


カテゴリ:

< 『おふたりとの出会い』~Luce Wedding Award 2016 Vol.2  |  一覧へ戻る  |  ご心配をおかけしています! >

同じカテゴリの記事

『おふたりとの出会い』~Luce Wedding Award 2016 Vol.2

160927blog.jpg
こんにちは。
ウェディングデコレーターの笠松です。
少しご無沙汰してしまいました^^;
 
さて、先日から始まりました
「Good Luce Wedding Award 2016」
本日はそのVol.2をお送りします!confident


去年の春になりますが・・・
LuceのHPにこんな問合せメールが届きました。
「ある会場を半年かけて2人で探して、6月に結婚式を挙げる予定でした」
始まりはこんな感じでした。
「そんな一生懸命に探した会場をキャンセルをして、
自分たちと相性のいいウェディングプランナーを探しています」

 
HPからのお問合せの段階でおふたりが結婚式に対して
かなり、こだわりを持っていらっしゃることが分かり、
また、何よりもウェディングプランナーとの相性を重視されているとのことで、
おふたりと初めてお会いする当日は、
私自身、いえメンバー全員が少し緊張していたように記憶していますbearing
 
ドキドキsadしながらおふたりのご来店を待っていると、
おふたりがいらっしゃいました。
 
第一印象はオシャレでスタイリッシュshineなおふたり。
気さくにご挨拶はしてくださいましたが、
やはりウェディングプランナー、というよりもウェディング業界に対しての
不信感が強いせいか、表情は硬かったように思いますbearing
 
そこで私たちは事前のミーティング通り
おふたりの話をまずはしっかりと聞くことを心掛けました。
 
しかし、新郎は色々とお話をしてくれるのですが、
新婦はほとんど自ら話してくれることがなく、
私はずっとそれが気になっていましたdespair
新屋さんと藤原さんも同じ気持ちだったと思います。

新郎のお話によると、会場のキャンセルをした理由は・・・
担当プランナーは申込をするまでは『なんでも出来ますよgood
って言っていたのに、成約後の打合せでは2人がする提案には
全て「No!thinkばかり言われるようになったそうです。

2人の決定したポイントは「なんでも出来る」ということだったのに
実際には理由は分からないけれど・・・
自分たちがやりたいことは何も出来ない、という現実が見えてきたそうです。
ご説明がなかったり、それがタイミングがズレていたり・・・
2人のウェディングプランナーに対する「期待感」が崩れ去り、
「不信感」を募らせる日が続きました。

もしかしたら、新婦は「結婚式のことなんか考えたくない!weepって思うぐらいに
傷ついていたんじゃないかな、って思います。
時間が過ぎていく中で2人は「会場をキャンセルする」という決断をされました。

今、ブライダル業界は成約を取るところだけに力を入れていますから、
その後は・・・bearing
本当はその後が大事なんですけどね。
諦めたり、我慢したりする新郎新婦が多いとも聞きます。
こちらのおふたりはしっかりと担当プランナーに伝えられたうえで
「キャンセルをする」決心をされたんだと思います。
これって、簡単なことではないと思います。
きっといろんな想いから、話し合いをたくさんされて決められたことだと思います。

そんな中でもおふたりの想いを聞きながら、
同じブライダル業界で仕事をする人間としておふたりにお詫びをしました。
そして、私たちの結婚式に対する思いをお伝えするうちに
新婦は少しずつ表情も和らぎ、少し笑顔happy01も見せてくださいました。
 
私たちの後にも相談に行く予定の会社があるとのことで、
この日はお別れしましたが、
私たちが思う結婚式の大切さをおふたりに
少しでも分かっていただけて良かったと思う反面、
おふたり、特に新婦のウェディング業界に対する不信感は
まだまだ完全には拭えていないのだろうと感じ、
もやもやするものが私たちの心の中には残りました。。。。。think
 
今日はここまで!このあとも続きます!happy01

『それはHP問合せから始まりました』~Luce Wedding Award 2016 Vol.1

5edc1841f83c45b5eeda8e6aa23dc2a7_s.jpgこんにちは。
YUMI KATSURA ウェディングプロデュース カリヨンTOKYO、
ウェディングデコレーターの新屋です。
今日は本当に久しぶりに晴れましたねー!
ちょっと曇り気味だったことは見ないふりをして、
雨が降らなかっただけいい休日になりましたね。

さて、先日のブログで
「Good Luce Wedding Award 2016」をやって、
私たちのお手伝いしたステキな結婚式のお話を少しずつしていきます。
今日がその1つめのブログになります!

そして、とあるブライダルのコンサルティングの先生が
「Luceはブライダル業界の救急病院だねhospital」(苦笑)
と言われるきっかけになった結婚式のお話でもあります。

それはLuceのHPへ新郎からの問い合わせから始まりました。
「僕たちは6月に結婚式を挙げる予定でしたが、
その会場はウェディングプランナーとの相性が悪く、キャンセルをしました。
自分たちと相性のいいプランナーを探しています」


「妥協するくらいなら結婚式はやらない方がいいと思っています」

「・・・・・・。」catface
驚きました!
いえ、違いますね・・・。
その新郎の文章の中から「怒り」や「諦め」が’(反対のような言葉なんですけどね)
そんな気持ちが入っているような気がして、複雑な気持ちになりました。

本来なら結婚式が決まって、会場が決まったら
1番幸せで嬉しい時期ですよね?
しかも問合せのあった日は6月まで3か月しかなく・・・。
2人の強い想いをそこからも感じ取ることが出来ました。

私たちは3人でミーティングをしました。
「どうすることがこの新郎新婦にとってのベストなのか?」
「ここまで思わせたって、どんなことがあったんだろう?」
「どういった返信メールをしようか?」

想像から、対応まで本当に真剣に意見を出し合いました。
・・・今思えば「Luceで決めてもらうには?」なんて誰も言ってませんでした。
それがLuceらしさですかねー?(笑)
(ホントはそれではいけないんですけどね!)

「とりあえず、何が出来るか分からないけれど、2人の話を聞いてみよう」
そういう結論になり、誰がではなく、みんなで話を聞こう、ってことになりました。

新郎新婦とのアポイントが取れました。
問合せから数日後でしたが、私たちの頭に中にはずっとこの2人のことがあって、
「2人にとっていい結果になればいいのに」といつも考えていました。
私がそうだったから、きっと、笠松さんも藤原さんもそうだったと思います。

いよいよお2人のご来店の日が来ました!

・・・Vol.2へ続きます。wink

私たちのGood Luce Wedding Award 2016!

160707blog.png
こんにちは。
YUMI KATSURAウェディングプロデュース カリヨンTOKYO、
ウェディングデコレーターの新屋です。

なんだかとても久しぶりのブログになりました。
・・・はい、色々とたくらんでました(笑)

先月、ゼクシィ主催の「GOOD WEDDING AWARD2016」の
ファイナリストとなり、決勝戦に出ましたが・・・
残念ながら、賞をいただくことは出来なかったのですがbearing
毎日始業前から発声練習をしていた藤原さん、
産休中にも関わらず、サポーターグッズを制作してくれた笠松さん、
私も藤原さんのアナウンスレッスンやサポーターの皆様の募集など、
メンバーそれぞれのポジションで準備を進めてきて、
今回は「チームエントリー」をしたのですが、それにふさわしい準備で、
当日の頑張りで本当にいい経験をさせていただきました。confident

結果は残念なものだったかもしれませんが・・・
翌日からしばらくは色々なところから、
激励やお褒めの言葉や、ねぎらい、など多くの励ましをいただきました。
新しい業者さんからの
「GWAの発表を聞いて感動した、是非に一緒に仕事がしたい!dash
という問合せも数多くいただきました。
やはり、色々な場所で出入りして多くのウェディングプランナーを
見ている業者さんの方からいろんなお声をいただけるのは
本当に嬉しいことです。
「プランナーとして素晴らしい」「プランニングが本物だと思った」
「一緒に仕事をしたら得るものが大きいと思ったので」

はたまた、「社員教育をしてもらえませんか?」などなど(笑)
長時間にその想いを伝えてくださった方もいらっしゃいました。
本当にありがとうございます!
これはちょっと自慢です(笑)smile

「努力は報われる」そして、神様は見ているんだなぁーって、
真面目に頑張ってよかったなぁーって本当に思いました。

GOOD WEDDING AWARD 2016は
1次選考は書類審査があり、今年は505通だったわけですが、
そこから「ファイナリスト」8組に絞られます。
そして、決勝戦当日は10分の発表を壇上で行う、というものです。
(10分はとっくに過ぎていた発表もあったと思います。
 2012年の時には10分たったところでベルが鳴ったんですけどねgawk

正直言って、10分で1つの結婚式を語りきることは本当に難しいです。
けど、私たちが手掛けた結婚式は新郎新婦のおふたりの人柄が溢れ出た、
そんな1日でした。
コンテストのためでなく、この結婚式をたくさんの未来の新郎新婦に
お伝えしたいな、と本気でチームで話し合いました。
それぐらい私たちはこの結婚式でウェディングデコレーターとしての誇りを
得ることが出来たんです。


私たちが真剣に新郎新婦と向き合い、一緒に考えたこと、
今のブライダル業界に対して訴えたいこと、
結婚式の可能性を感じていただけるのでないかと思い・・・。
しかも、今回はファイナリストにはなりませんでしたが、
ベスト50には入りました、
「子育て卒業式」という結婚式のことも多くの方にお伝えして、
結婚式は人生の中の意味あるセレモニーだと訴えたいな、と思い・・・。
そんな中で「Luceの中でAWARDをやったらどうだろう?ブログで!」
という妙案を思いつき・・・!!!lovely
今回、その告知の第1号のブログとなります!

私たちがいつも何を大切にして、想いをもって
「結婚式」という仕事に向き合っているかを分かっていただけると思います。
2つの結婚式のことを少しずつお伝えしながら、
間に日常ブログを入れていきます!
皆様の声も是非にお伺いしたいので、facebookやHPからアクセスくださいね!

では!
「Good Luce Wedding Award 2016!」
スタートです!

応援ありがとうございました!

こんにちは。
ウェディングデコレーターの藤原です。

5月から始まった【GOOD WEDDING AWARD2016】
闘いがようやく終わりましたsign03sign03sign03

応援団長を務めてくださった新郎新婦のおふたり、
この日まで応援してくださった皆様、
当日会場に駆けつけてくださったサポーターの皆様、
そして、今回は裏方に徹して支えてくれた新屋さんと笠松さん、
本当に本当にありがとうございましたhappy02happy02happy02happy02happy02

私の紹介VTRが流れた時に上げてくださった歓声と
プレゼン前の応援コールは一生忘れませんshine

トップバッターということで緊張していたのですが、
当日はバタバタしていて、何が何だかわからないまま
名前を呼ばれ、壇上へという状況でした(笑)
舞台上から見る景色は、あまりにも広くて、
そして一斉に注がれる視線に、膝が震えたのを覚えていますcoldsweats01
でもサポーターの皆さんの顔が見えた時、少し緊張が和らぎました。

正直、プレゼン中は、無我夢中であまり覚えていないのですが(笑)
舞台から降りた時、とても清々しい気持ちでいっぱいでしたsun
そして、とても楽しかったですsign03

おふたりとLuceと業者さんが一緒になって作り上げた結婚式、
あの場で皆さんに紹介できて本当によかったです。
結果は・・・残念でしたが、後悔はありません。
全員でやりきりましたsign03sign03sign03

燃え尽きて灰になりつつありますが、残りの夏も頑張りますsun

皆様、本当にありがとうございましたhappy01paper

4734.JPG



GOOD WEDDING AWARD2016 ありがとうございました!

7O9.jpg
こんにちは。
YUMI JATSURAウェディングプロデュース カリヨンTOKYO
ウェディングデコレーターの新屋です。

なかなかブログもfacebookもUPせずに数日いたので、
心配された方もいらっしゃったようで・・・。
ご心配をおかけしまして、申し訳ございません!coldsweats01

8/9(火)東京国際フォーラムで行われた、
「いい結婚式」のプランニングコンテスト
GOOD WEDDING AWARD2016
チームエントリーをしていた私たちがお手伝いした結婚式、
「ENJOY SUMMER! ENJOY HORIDAY!  ENJOY WEDDING!!」
のテーマで、ファイナリストに選出され、最終審査会に行ってきました!

ファイナリストになったご連絡があったのが7月の初旬、
そこから1か月間、3人それぞれのポジションで頑張ってきました。
私は藤原さんと一緒にアナウンスレッスンをしたり、
応援団のとりまとめをしたり。。。久しぶりに裏方に徹しました(笑)

産休&育休中の笠松さんは久しぶりに登場!
応援グッズを制作、きっとLuceサポーターのいい記念品になったと思います。

藤原さんは・・・チームを代表として、プレゼンをすることになり、
それはそれは1か月は努力を重ねました。
隣で見ていて、頼もしかったです!
この1か月で痩せて、厚みが薄くなりました(変な表現ですがhappy02
ファイナリストの中のトップバッターの発表で数日間はずーっと緊張してました。

結果としては、ファイナリスト、でしたが・・・。

少なくとも私の中ではグランプリcrownでした!
私たちらしい内容だったし、闘い方でした!
アナウンスレッスンの結果、声もマイクに乗り、滑舌もよく、
何よりも練習の時以上に素晴らしいプレゼンが出来たと思います。

これから後にどんな結婚式だったのか、
少しずつお伝えしていくことにしたいと思いますが、
自分で言うのもおかしいですが、いい結婚式だったと思います。
Luceらしく、前向きに一生懸命におふたりのお話を聞いて、
新郎新婦の笑顔いっぱいの1日になりました。
新婦のおただいたお手紙の中の
「私たちに結婚式をあげるチャンスをくれてありがとう!」の言葉は
きっと忘れないと思います。

そして、今回は会場に・・・恐らくサポーター数は1番ではなかったかと、
たくさんの新郎をはじめ、業者さんやいつも応援をいただいている多くの方に
お集まりをいただきました。
(次回にファイナリストになった時は応援団長は
某ドレスショップの名物社長に、社長が男性スタッフを何人か連れて
応援団としてサポーターをとりまとめてくれることになりましたsmile

サポーターの皆さま、本当に熱い声援をありがとうございました!
ありがたかったです!

一生懸命に頑張ったからさっぱりしています。
・・・けど、悔しい気持ちももちろんあります!
その気持ちは今後の糧にしていきたいと思います。

私たちは「いい結婚式」を創り続けていきます。
今後ともお力添えをお願いします!

余談ですが・・・。
以前、勤めていた時の某結婚情報誌(笑)の営業担当だったYさん。
今は北の地でご活躍ですが。
彼が結婚した時に
「オリジナルウェディングと言いながら、世の中は全くオリジナルでない結婚式ばかりで
結婚式を挙げる気にならない」

自分が営業マンでありながら、そんなことを言っていた破格な方でしたが(笑)
そんなYさんと約束したことがありました。
「新屋さんがGWAでグランプリを取った時に自分は新屋さんが担当で
結婚式を挙げますよ」
って。

うーん・・・think
「結婚式の神様」はまだまだ頑張れって言ってるんだなぁー・・・。
Yさん、もう少し待っていてください!

このページのトップへ